太陽光発電システムには様々な長所があります


太陽光発電システムは個人宅でも導入しやすい

太陽光発電の長所は、わずかなスペースでも始められる点です。風力や水力といった発電方法だと、設備導入に広々としたスペースが必須です。個人宅に風力発電や水力発電の設備を新規導入する事は、現実的に困難です。太陽光発電システムなら、ごく普通の一戸建ての住宅でも比較的簡単に導入可能です。新規設置に掛かる手間やコストもリーズナブルです。実際に近頃では、多くのマイホームで太陽光発電システムは利用されています。一戸建て住宅の屋根や空き地などを有効活用できるのも長所の一つです。デッドスペースをうまく活用して家庭で使う電気を生産でき、ソーラーパネルを設置する事で家計の節約にもつながります。また災害発生時も、自宅にソーラーパネルと専用のバッテリーがあれば安心です。万が一地域全体が停電になっても、普段から蓄電していた電気があれば、家電製品やネット環境などが災害発生後も使い続けられます。

ソーラーパネル設置で副収入を得ることも

ソーラーパネルで発電した電気は、地域の電力会社へ売却できます。自宅の電気代が安くなるだけではなく、余った電気は非常に良い条件で売却できます。実際に副収入をソーラーパネル設置で得ている家庭があり、安定的に売却出来れば太陽光発電システムにかかった費用を短期間で回収できます。一年を通して晴天が多い地域だと、特に安定した電気生産が期待出来ます。また最新鋭のソーラーパネルは発電効率がとても良くなっており、完全に晴天ではないお天気でも発電可能です。

太陽光発電の価格は太陽光パネルなどの機器の購入費用と、それらを設置するための工事費用がかかります。この費用は2019年の時点で1kwあたり25万円程度かかると言われています。